底地借地のおはなし

底地借地権に関するこれまであった相談やお悩みから学ぶことで人生がハッピーになる方法

借地権だけの販売、底地だけの販売は非常にむずかしい【単独販売】

借地権の単独販売、底地の単独販売はどちらも大変むずかしい

f:id:sokochi:20180505175538j:plain

借地権の単独売却 底地の単独売却 むずかしい 



「持っている借地権いくらで売れるのかな?・・」
借地権の売却において地主さんの承諾は必須ですが、こちらをまずはクリアされた方の次の質問・関心事はこちらですね。

借地権の価格の場合は、路線価(財産評価基準)の借地権割合によって算出されます。

土地の場所により、借地権割合は70%や60%と決められています。路線価を仮に調べたとして土地の路線価価格が1億円、借地権割合が70%だったとします。その場合お持ちの借地権は計算上7000万となり、借地人さんも「うちの借地権は売るとなると7000万前後かな」と想像しがちです。
色々と夢を膨らませているかもしれませんが実際には借地権を第三者に売却する場合価格は下がる傾向にあります。条件によりますが半分程度の金額になってしまうケースもあります。

実はこの7000万円という金額はあくまで相続税贈与税の計算の際の評価額が6000万ということなのです。
借地人の方がなくなり相続が発生、この方の相続財産の評価をしなければならなくなります。借地権も相続財産となりますので、相続税を確定するため路線価にて財産評価額を評価・査定します。
もう一方の地主についても同じです。地主の方が亡くなった(相続が発生した)場合は
路線価×土地面積㎡×(100%ー借地権割合)で計算します。
先程の例の土地1億円の場合、相続評価額1億円で、借地権割合が70%の場合は底地権割合は30%になります。(100%ー借地権割合)計算すると底地の価格3000万となります。
そうなった場合底地を3000万で実際買ってくれるでしょうか?
地主さんは3000万で売れることを希望しますが、底地だけを買う人第三者は果たしているでしょうか。一般的に底地だけを買う人はまずおりません。


購入する方は主に不動産会社などプロの方や投資家の方になりますが、大体が上限でもその金額の半値程度、場合によっては更に下がることもざらです。

 


売却をする際に借地権と底地併せてはじめて100%の価値となります。単独での売却は思ったような金額では売却できないとお考え下さい。